ゲーム用PCの無線LAN、LANポートの選び方

パソコンをインターセットに接続するためにはLANポートか無線LANが必要です。LANケーブルで有線に接続するならLANポート、無線LANならパソコン内部か外部に無線LAN子機がなければなりません。

幸いなことにゲーム用ノートPCには必ずどちらも搭載されています。ユーザーは有線でも無線でも好きな方を選べるわけです。ただしカスタマイズは不可能です。

一方デスクトップは有線のLANポートしか搭載されていません。無線接続するためには無線LAN子機を別途購入しなければなりません。

無線LAN子機は外付けタイプがおすすめ

ここで無線LANに焦点を当ててみましょう。無線LAN接続するには無線LANルーターと無線LAN子機が必要です。デスクトップの場合は無線LAN子機を別途購入し接続します。

無線LAN子機には外付けタイプと内蔵タイプの2種類があります。外付けタイプはUSB接続、内蔵タイプはカード型でPCI Express x 1に挿すものが多いです。

ではどちらを選ぶべきでしょうか。私は外付けタイプをおすすめします。まず接続が簡単です。デスクトップを開かなくても背面や前面のUSB端子に挿すだけで完了します。それに小型ゲーム用PCだと拡張スロットの空きがなかったりしますからね。

また、ノイズの問題もあります。ゲーム用PCの内部はノイズの原因だらけです。ノイズが無線LANの電波に干渉してネットワークが不安定になったりラグったりするので、ゲーム用PCには致命的な弱点になります。

外付けタイプならゲーム用PCのノイズが干渉することはほとんどないですし、好きな場所に接続できるためネットワークが安定します。

実際ドスパラではカスタマイズで無線LAN子機を購入することができます。いくつかありますが、どれも外付けタイプです。さすがドスパラはわかってますね。

LANポートはINTEL製がおすすめ

有線LANに話を戻しましょう。通常LANポートはマザーボードに搭載されたものを使用します。ただ、このLANポートがINTEL製なのかを確認することをおすすめします。

INTEL製のLANポートは世界的に人気で、安定性が評価されています。マザーボードのLANポートがINTEL製ならそのままでいいです、でもよくわからなければカスタマイズでINTEL製LANに変更してください。

しかもギガビットLANにも対応しているので2GBpsの超高速インターネットで速度が落ちません。それまで8MB/sしか出なかったのに、ギガビットLANに変更すれば500MB/s出るようになるケースもあります。(インターネット回線やルーターによります)

オンラインゲームではインターネット回線の速度が安定性が重要です。だからゲーム用PCを買う際にもネットワーク関連のパーツにお金をかけたほうが快適なゲーム生活を過ごせますよ。

>> ゲーム用PCおすすめランキング