ゲーム用PCのCPUの選び方 2018

2017年1月にCPUが第七世代「Kaby lake」から第八世代「Coffee Lake」に移り変わりました。BTOゲーム用PCを見るとまだ第七世代CPU搭載モデルを販売しているところもありますが、すべて第八世代移行するのは時間の問題でしょう。

では第七世代と第八世代のCPUにはどんな違いがあるのでしょうか。また、ゲーム用PCにはどんなCPUがおすすめなのか、2018年版の選び方を書いていきます。

Kaby lakeとCoffee Lakeの違い

CPUのスペックがどのように変化したのか比較してみます。わかりやすくするために後継機との違いを表にします。なお、ここで比較するのはBTOゲーム用PCに採用されているCPUだけです。

Kabylake CPUのスペック


Core i7-7700K Core i7-7700 Core i5-7500
定格クロック 4.2GHz 3.6GHz 3.4GHz
最大クロック 4.5GHz 4.2GHz 3.8GHz
コア数 4 4 4
スレッド数 8 8 4
TDP 91W 65W 65W

Coffee Lake CPUのスペック


Core i7-8700K Core i7-8700 Core i5-8400
定格クロック 3.7GHz 3.2GHz 3.2GHz
最大クロック 4.7GHz 4.6GHz 3.6GHz
コア数 6 6 6
スレッド数 12 12 6
TDP 95W 65W 65W

比較してみるといくつかわかることがあります。まずどれもTDP(熱設計電力)がほぼ同じなのにターボブースト時の最大動作周波数(クロック)が向上しています。これまでと同じ電力、熱なのに性能が上がっているのですから第八世代のCoffee Lakeが優秀だとわかります。

また、世代が変わってコア数・スレッド数が向上しています。第六世代も第七世代も4コア、8スレッドが主流でした。しかし第八世代になって6コア、12スレッドがメインストリームになります。コア数が重要なエンコードのような用途には嬉しいアップグレードです。

ここまで性能差があると、今から第七世代CPUを搭載したゲーム用PCを選ぶのは勿体無い気がします。オンラインゲームの推奨スペックはすでにCore i7が指定されることが多く、そうではなくても高い動作周波数を指定しています。

だから今ゲーム用PCを買うならより高い動作周波数を持つCoffee Lake CPU搭載のゲーム用PCをおすすめします。

CPUの選び方

さてここからが本題です。Kabylakeに絞ったとしてもまだCore i5-8400、Core i7-8700、Core i7-8700Kのどれにするのかが決まっていません。今後はCore i5-8500等も出てくるでしょう。

CPUの選び方で大切なのは以下の2つです。

  • ゲーム推奨スペックを上回ること
  • 5年間持つCPUを選ぶこと

ゲーム推奨スペックを上回るCPU

どのオンラインゲームでも最低動作環境や推奨スペックが公開されています。そのCPUの項目を調べてください。Core i5が指定されていますか?それともCore i7ですか?

もしもCore i7だったら8スレッド以上を活用するゲームということですから、必ずCore i7にしましょう。Core i5が指定されているならCore i5でいいでしょう。ただし将来的に最新ゲームを遊ぶならCore i7がおすすめです。大は小を兼ねますからね。

また動作周波数の確認も大切です。最近のオンラインゲームはCPUの性能をかなり重視しているものが多く、高い動作周波数を推奨スペックに記載しているのをよく見ます。

CPUの動作周波数には定格と最大がありますが、最低でも最大を上回るCPUを、できれば定格クロックの時点で上回っているCPUを選ぶことをおすすめします。あまりターボブーストに頼り切るとCPUの負担になります。

5年間持つCPUを選ぶ

CPUの性能が足りないとグラフィックボードの足を引っ張ります。これは本当のことで、同じグラフィックボードを搭載したゲーム用PCを使っていたとしても、CPUの性能が足りないとグラフィック性能が低くなり、ゲームがカクカクします。

グラフィックボードの性能が足りないのなら別にいいです。グラフィックボードを交換すればいいだけです。しかしCPUの交換は大変な作業です。パソコン初心者にはおすすめできません。

だからBTOゲーム用PCを買う多くの人は「5年スパン」で考えています。どういうことかというと、まずゲーム用PCを買って、2〜3年後にグラフィックボードを最新のものに交換、さらに2〜3年後にCPUの性能が足りなくなってゲーム用PCを買い換える、というサイクルです。

つまり少なくともCPUは5年間、できれば6年間問題なく動作し、グラフィックボードの足を引っ張らない性能のものを選ぶべきです。

ぎりぎりの性能のCPUを選んでしまうと、ゲーム用PCの買い替えサイクルが短くなってしまいます。なんだか勿体無いですよね。だったら最初から高性能なCPUを搭載したゲーム用PCを選んでおいたほうが、長持ちするので総合的にコスパが良くなるのです。

Core i7-8700かCore i7-8700Kがおすすめ

だから私は今ならCore i7-8700かCore i7-8700Kをおすすめします。古いゲームしかやらないならCore i5でもいいでしょう。でも1年後、2年後には新しいゲームをやりたくなる可能性がありませんか?

少しでも可能性があるならCore i7にしましょう。じゃないと後悔しますよ、ホント。Core i7-8700かCore i7-8700Kかはどういう用途でパソコンを使うかによるのですが、Coffee Lakeのスペックを見るとCore i7-8700Kが素晴らしく優秀だと思うので、私ならCore i7-8700Kを選びます。

ゲーム用PCおすすめランキング