30万円以上のおすすめゲーム用PC

ゲーム用PCの価格は天井知らずです。いや、実際には天井は100万円くらいなのですが、カスタマイズを含めると30万円以下よりも30万円以上のゲーム用PCのほうがたくさんあります。

多くの人には30万円以上のゲーム用PCなんて必要ありません。でもCPUを高性能にしたり、メモリを大容量にしたり、グラフィックボードをSLIにしたりすると簡単に30万円を越えます。

30万円以上のゲーム用PCのパーツ選び

選択肢が多すぎて選ぶのが大変ですが、30万円以上のゲーム用PCの場合、大体以下のようなパーツ構成になります。

  • GTX1080 8GB SLI、Core i7-6700K、メモリ16GB、SSD + HDD(容量たっぷり)
  • GTX1080 8GB、Core i7-6950X、メモリ32GB、SSD + HDD(容量たっぷり)
  • TITAN X 12GB、Core i7-6800K、メモリ32GB、SSD + HDD(容量たっぷり)

CPUとグラフィックボードを最大級ハイエンドにすることが可能です。GTX1080 8GBを2枚搭載するのがSLIです。3枚もありますがそれだと70万円くらいになります。2枚なら30万円ちょっとで収まります。

CPUはCore i7-6700Kが最低ラインで、Core i7-6800KやCore i7-6950Xなどの選択肢があります。それぞれ同じCore i7でもコア数やスレッド数が異なります。CPUエンコードをするならコア数の多いCore i7-6950Xがおすすめです。

メモリは16GBが最低ラインですが、30万円以上のゲーム用PCなら32GBは搭載しておきたいです。クリエイター的な使い方をするなら32GBか64GBがいいでしょう。128GBはさすがに必要ありません。

ストレージはこのクラスになるとカスタマイズする必要はありません。それもSSD + HDDの大容量になっていますから、あとはAHCIではなく、より高速なNVMeにするくらいでしょう。

30万円以上のおすすめゲーム用PC

選びたいパーツは決まりましたか?ではざっくりではありますが、30万円以上のゲーム用PCからおすすめのデスクトップとノートPCをご紹介します。

ドスパラ ガレリア XG-E

CPU Core i7-6950X EE(定格3.00GHz、最大3.50GHz)
メモリ 32GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1080 8GB
ストレージ 480GB SSD + 3TB HDD

CPUを最高に強化したい人におすすめのゲーム用PCです。グラフィックボードはGTX1080、メモリは32GBとまずまずですが、CPUがCore i7-6950Xなのでゲーム用PCのCPUとしてはハイエンドです。

Core i7-6700Kが4コア8スレッドなのに対し、Core i7-6950Xは10コア20スレッドなので桁違いの性能です。CPUでごりごりエンコードをする人に人気があります。

G-Tune MASTERPIECE i1710PA2-SP

CPU Core i7-6850K(定格3.60GHz、最大3.80GHz)
メモリ 32GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1080 8GB SLI
ストレージ 960GB SSD + 3TB HDD

グラフィック性能を向上させたいならGTX1080 SLIがおすすめです。今のところGTX1080を2枚搭載したゲーム用PCを販売しているのはG-Tuneだけのようです。

グラフィックボード以外のパーツもハイエンドクラスですから、最先端のゲームを楽しむだけでなく3DCG制作や実況配信、録画、Cudaエンコードをやりたい人にぴったりです。

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7901BA1

CPU Core i7-7700K(定格4.20GHz、最大4.60GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1080 8GB
ストレージ 240GB SSD + 1TB HDD

ゲーム用ノートPCにもGTX1080搭載モデルがあります。GTX1080搭載ノートPCはどれも30万円以上です。ストレージやメモリをちょっとスペックアップしたら35万円くらいになります。

GTX1080搭載ノートもG-Tuneにしかありません。17.3型の大型液用はゲームをやるのに最適です。しかも4K液晶に対応したモデルなので、通常のフルHD液晶よりも遥かに綺麗な画質でゲームを堪能できます。