GTX1050Ti搭載ゲーム用PCのおすすめデスクトップとノート

とにかく安いゲーム用PCが欲しい場合、グラフィックボードを基準に考えるとGTX1050Ti搭載モデルがおすすめです。GTX1050Ti搭載デスクトップなら10万円くらいで購入できますし、数は少ないですがGTX1050Ti搭載ノートもあります。

GTX1050TiはGTX1050よりも高性能ながらコスパがよくてなかなか人気があります。しかし一方でGTX1060搭載ゲーム用PCに比べると格段に性能が落ちるため、ある程度重いオンラインゲームをプレイするならGTX1060のほうがおすすめです。(GTX1060が100だとしたら、GTX1050Tiは65くらいの性能)

GTX1050Ti搭載ゲーム用PCでおすすめのパーツ構成

GTX1050Tiを選ぶということは、ゲーム用PCをできるだけ安い価格で購入したいはずです。CPUやメモリを無理に増やすくらいならGTX1050TiをGTX1060にアップグレードしたほうがいいです。

だからCPUはCore i7ではなくCore i5をおすすめします。GTX1050Tiでサクサク動くゲームはCore i5を推奨しているものばかりですから、Core i7を選ぶ意味はありません。今だとCore i5-7400かCore i5-7500が候補に上がります。どちらかといえば高性能なCore i5-7500のほうがおすすめです。

メモリは8GBで決まりです。今時4GBでは全然足りません。かといってメモリを優先して16GBに増やすのもちょっと違うと思います。GTX1050Tiで遊べるゲームは8GBで十分です。ただしお絵かきや動画編集をするなら16GBに増やしたほうが快適です。

いくらゲーム用PCを安くしたいからといってストレージを妥協するのはおすすめしません。絶対にSSD + HDDの構成にしてください。240GB SSD + 500GB HDD、あるいは240GB SSD + 1TB HDDにしましょう。500GB HDDだけとか、240GB SSDだけとか、120GB SSD + 500GB SSDとかを選んでしまうと後悔します。

おすすめのGTX1050Ti搭載ゲーム用PC

パーツをしっかり絞り込めたところで、条件に見合うおすすめのGTX1050Ti搭載ゲーム用PCをご紹介します。GTX1050Ti搭載モデルはG-Tuneにはないので、ドスパラから選んでみました。

ドスパラ ガレリア DH

CPU Core i5-7500(定格3.40GHz、最大3.80GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1050Ti 4GB
ストレージ 120GB SSD + 500GB HDD

最安値のGTX1050Ti搭載デスクトップです。消費税を含めると10万円をちょっと越えてしまいますが、それでも激安ゲーム用PCの範疇でしょう。

CPUとメモリはCore i5-7500、メモリ8GBと完璧ですが、ストレージが少し不満です。HDDは500GBでもいいです。ただSSDは120GBから240GBに増やしましょう。120GBだとすぐにいっぱいになってしまいます。半分くらい容量を空けて運用したほうがSSDは高速性を維持できます。

ドスパラ ガレリア SH

CPU Core i7-6700(定格3.40GHz、最大4.00GHz)
メモリ 8GB(PC4-17000)
グラフィックボード GeForce GTX1050Ti 4GB
ストレージ 250GB SSD + 2TB HDD

小型なデスクトップがドスパラにあります。小型なのに価格があまり変わらないのがありがたいです。縦置きと横置きを選べるデスクトップは今のところドスパラにしかないので本当におすすめです。

CPUやチップセットが1つ前の世代なのが気になるかもしれません。でもGTX1050Tiに適したゲームなら何の影響もありません。むしろ安く買えてラッキーくらいに思うべきです。

ドスパラ ガレリア GKF1050TNF

CPU Core i7-7700HQ(定格2.80GHz、最大3.80GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1050Ti 4GB
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

おそらくGTX1050Ti搭載ノートPCはこれしかありません。あちこち探しましたが他では見つかりませんでした。15インチではなく17インチということで、持ち運びにはあまり向いていません。そこそこ大きなバッグが必要になります。

スペック自体は問題ありません。ほぼほぼ理想通りです。CPUがCore i7なのは仕方がありません。Core i5搭載のゲーム用ノートPCはないのです。