25万円以下のおすすめゲーム用PC

20万円以上25万円以下のゲーム用PCになると、ハイスペックではなくハイエンドです。ゲーム用途なら最新ゲームを最高画質で遊べますし、それ以外の用途なら動画編集、実況配信、エンコード、3DCG制作など幅広いことに使えます。

別の観点で見ると数年後もゲームをサクサク動かせる性能と言えます。例えばGTX1060なら2年くらいが限界ですが、GTX1080なら5年間は最新ゲームを遊べます。だから実はハイスペックやハイエンドのゲーム用PCのほうがコスパはずっと良いのです。

25万円以下のゲーム用PCのパーツ選び

25万円の予算があるならグラフィックボードはGeForce GTX1080で決まりです。さらに上位のTITIN Xもありますがコスパが悪いので私はおすすめしません。グラフィックボード以外のパーツをどのように強化するかがポイントです。

  • GTX1080、Core i7-7700K、メモリ16GB、SSD 240GB + 3TB HDD
  • GTX1070、Core i7-6800K、メモリ32GB、SSD 480GB + 3TB HDD

25万円以下でゲーム用PCを買おうと思ったら、このどちらかのパーツ構成になります。もちろん安いのはCore i7-6700Kのほうです。消費税や配送料を含めても25万円以下です。SSDの容量をもうちょっと増やすのもおすすめです。

Core i7-6800K、メモリ32GBにすると25万円をちょっと越えてしまいますが、ハイエンドを求める方にはおすすめです。特にCore i7-6800Kのほうがコアもスレッドも多いため、CPUエンコードをする人にぴったりです。

25万円以下のおすすめゲーム用PC

では25万円以下で購入できるデスクトップとノートPCをご紹介します。

ドスパラ ガレリア ZG

CPU Core i7-7700K(定格4.20GHz、最大4.60GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1080 8GB
ストレージ 500GB SSD + 3TB HDD

ガレリア ZGの詳細

ここまでハイスペックなのにドスパラのゲーム用PCで人気ランキング3位です。ハイスペックゲーム用PCの大本命とも言えるデスクトップです。

とにかくパーツ全体のバランスが良好で、最新ゲームはもちろん動画編集にもしっかり使えます。ちょっとカスタマイズして最終価格はぴったり25万円くらいになるので、予算的にもベストです。

G-Tune NEXTGEAR i860SA1

CPU Core i7-7800X(定格3.50GHz、最大4.00GHz)
メモリ 32GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1070 8GB
ストレージ 480GB SSD + 2TB HDD

NEXTGEAR i860SA1の詳細

ハイエンドに仕上げたい人にはG-Tuneがおすすめです。CPU、メモリ、ストレージ等、グラフィックボード以外のパーツすべてがガツンと強化されています。

ゲームだけするならここまでハイエンドなゲーム用PCを買う必要はありません。だから上記の通りゲームをしながら録画やエンコードをするような人におすすめです。

ドスパラ ガレリア GKF1070NF

CPU Core i7-7700HQ(定格2.80GHz、最大3.80GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1060 6GB
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

ガレリア GKF1070NFの詳細

25万円の予算ではGTX1080搭載ゲーム用ノートPCは買えません。そこでおすすめしたいのがGTX1070搭載モデルです。GTX1070搭載ノートでもっとも人気があるのはドスパラのこのモデルです。

メモリはしっかり16GB搭載されていて、爆速SSDがブートドライブになっているためゲームだけでなく普段使いもサクサクです。また17インチのため迫力のあるゲームを堪能できるメリットもあります。