GTX1050搭載ゲーム用PCのおすすめデスクトップ

GeForce GTX10シリーズで一番安いのがGTX1050です。だから最安値のゲーム用PCが欲しい場合は、自然とGTX1050が第一候補になるはずです。なお、「GTX」が付かないさらに下位のグラフィックボードはゲーム用ではないのでおすすめしません。

また、GTX1050搭載ゲーム用PCはデスクトップしかないことも覚えておきましょう。ゲーム用ノートPCはGTX1050Ti以上しかありません。

GTX1050搭載ゲーム用PCでおすすめのパーツ構成

グラフィックボードを安く済ませるのですから、他のパーツもある程度安くするのがおすすめです。例えばCPUやメモリにお金をかけるならグラフィックボードをGTX1060とかにしたほうがゲームはずっとサクサクになるからです。

だからCPUはCore i7-7700ではなくCore i5-7500やCore i7-7400を選んでください。CPUをCore i5にするだけで激安になります。具体的にはCore i5 + GTX1050なら10万円以下、Core i7 + GTX1050なら10万円以上になります。

メモリは8GBにしましょう。一部メモリ4GBの激安ゲーム用PCがありますが、さすがに今の時代にメモリ4GBではゲームとか関係なく快適性に影響してきます。特にブラウザはどんどん重くなってきているので、メモリ8GBがおすすめです。

ストレージはお金をかけてください。GTX1050Ti搭載ゲーム用PCと同様にSSD + HDDにするのが正解です。HDDだけだと速度が遅くてイライラします。でもSSDだけだと容量が足りません。240GB SSD + 500GB HDD以上にしましょう。

おすすめのGTX1050搭載ゲーム用PC

以上の条件にぴったりのGTX1050搭載ゲーム用PCをご紹介します。

ドスパラ ガレリア DS

CPU Core i5-7500(定格3.40GHz、最大3.80GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1050 2GB
ストレージ 240GB SSD

税抜価格8万円台の激安デスクトップです。CPUはCore i5-7500、メモリは8GBなのでGTX1050にぴったりなパーツ構成です。WoT、WoWsなどは60fps以上出ますし、LoLやDOTA2のようなMOBAにもおすすめです。

でもストレージだけちょっと問題があります。240GB SSDしか搭載されていません。これだとすぐに空き容量がなくなってしまいます。SSDはそのままでいいので500GB HDDを追加しましょう。

G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570BA8-TV

CPU Core i5-7400(定格3.00GHz、最大3.50GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200)
グラフィックボード GeForce GTX1050 2GB
ストレージ 1TB HDD

同じく8万円台のGTX1050搭載デスクトップです。価格もほとんど一緒なのでどちらかで迷う人が多いみたいですね。でもしっかり比較してみるとドスパラのほうがコスパが良いことがわかります。

例えばG-TuneのにはDVDドライブが非搭載です。また、CPUがCore i5-7400とCore i5-7500という違いがあります。似たような型番ですがCore i5-7500のほうがずっと高性能なので私はドスパラをおすすめします。

ドスパラ ガレリア SS

CPU Core i5-6500(定格3.20GHz、最大3.60GHz)
メモリ 8GB(PC4-17000)
グラフィックボード GeForce GTX1050Ti 4GB
ストレージ 120GB SSD + 500GB HDD

デスクトップゲーム用PCって多くの人が机の下に置いています。でも机の上に置きたい人もいますよね。それだったら小型デスクトップを選んでください。

ドスパラにはGTX1050を搭載したスリム型のデスクトップがあります。付属の土台を設置すれば縦置きでも安定します。横置きにすることもできるので、机の上が狭かったとしてもどこかしらに収まるサイズでとても便利ですよ。