AMD Ryzen7向け、対応マザーボード(ATX チップセットX370)おすすめ3選

リリース以降大人気のAMD社製CPU『Ryzen』シリーズ。この「Ryzen」を組み込むには、マザーボードのソケットが「Socket AM4」である必要があります。

本記事では、「Ryzenを導入したいけどおすすめのマザーボードがわからない」という方のために、Ryzenの組み込みに適したマザーボードの中から、ハイエンド向けチップセット「X370」のマザーボードを厳選。『AMD Ryzen7 1700』から『1800X』までのハイエンドモデルの組み込みにどうぞ。

マザーボードのチップセット『X370』について

『Ryzen』が積めるマザーボードのチップセットは、高価な順に『X370』『B350』『A320』の3種類です。

当記事で紹介している『X370』は、ハイエンドPC向けのチップセットです。PCI-Expressのレーン数は8。もちろん、SLIやOC(オーバークロック)にも対応しています。最も高価な価格帯で、実売3~4万円程度の製品が多いです。コネクタ数が豊富なのも特徴です。

チップセットA370搭載のATXマザーボードおすすめ3選

ASUSTek PRIME X370-PRO

ASUS社の最安値クラスATXマザーボード。迷ったらこれを選びましょう。SATA6Gが8基、M.2スロット完備と、ストレージには困らないつくりになっています。拡張性もAPU含め基本的な物は備えている堅実さ。動作中のイルミネーションが上品なので、アクリルパネル採用ケースに入れてもよく映えます。

>> ASUSTek PRIME X370-PRO

msi X370 GAMING PRO CARBON

安定性に定評のあるmsi製ATXマザーボード。低価格帯の製品ですが、安定性と設定の簡易さから、初心者におすすめできるマザーボードです。Ryzen 1700の4Ghz動作といったOC設定も簡単かつ安定するため、面倒な設定が嫌いな方にもおすすめ。ゲーム用途としてPCをあまりチューンしない人に向いています。

>> msi X370 GAMING PRO CARBON

GIGABYTE AORUS GA-AX370-Gaming 5[Rev.1.0]

優れたサウンド機能やファンコントローラなどの機能性、M.2やU.2、APU利用可能など充分な拡張性を備えたコストパフォーマンスの高いマザーボードです。M.2の位置が少々人を選ぶつくりになっていますが、そこさえ納得できるならば非常に優れた製品といえます。

GIGABYTE AORUS GA-AX370-Gaming 5

かなり出揃った印象のある、X370チップセットマザーボード

AMD Ryzenのリリース当初と比べて、X370チップセットのマザーボードラインナップはかなり充実してきています。ここで紹介したマザーボードは、いずれも必要十分な拡張性と将来性を備えた、堅実な製品といえる製品です。

ニーズに応じたマザーボードは揃ってきているので、こだわる方はさらに探してみると良いでしょう。