AMD Ryzen向け、おすすめ高クロックDDR4メモリ。DDR4-2400から3200まで

AMD社の人気CPU「Ryzen」シリーズ。Ryzen CPUのための高クロックメモリの需要は、リリース以降かなり高まってきています。

しかし、RyzenはPCB(メモリ基盤)やメモリ周りの相性面に少し難があり、規格が同じだからと適当なものをマザーボードに挿して設定してみても、速度が出ない・起動しないというケースが多発しています。

特に、Ryzenシリーズの発売前にリリースされたメモリは、AMD環境での動作保証がされていない可能性が高いです。そのため、同じDDR4-2400であっても、Intel向けの製品では動作しない場合があります。Ryzen用のメモリは、Ryzen対応を謳うモデルを準備しましょう。

そこで、今回はRyzen向けのDDR4メモリを厳選して紹介。今回はいずれも8GB×2の16GBモデルです。確実に高クロックで動作させたい場合は、本記事で紹介しているメモリを参考に選んでみてください。

>> ゲーム用PCのメモリの選び方

『AMD Ryzen』向けおすすめDDR4メモリ

DDR4-2400

G.SKILL F4-2400C15D-16GFX (DDR4-2400 CL15 8GB×2)

http://www.ocworks.com/products/detail/12679
税込価格: 18,200円
G.SKILL社のRyzen CPU対応メモリ「Flare X」シリーズの、DDR4-PC2400メモリです。対応チップセットはX370とB350。安定したクロック動作が見込める、最も取り回しやすいDDR4メモリです。

DDR4-2666

Corsair Vengeance LPX CMK16GX4M2Z2666C16

https://www.ark-pc.co.jp/i/11757580/
税込価格: 15,990円
クロック動作2666MHzのRyzen対応8GBデュアルチャネルメモリ。高クロックで確実に動かすのであれば、おすすめのモデルです。IntelのKabylakeプロセッサにも対応しているので、汎用性は高め。

ちなみに、Corsair社の同規格売れ筋メモリ『CMK16GX4M2A2666C16(片面実装モデル)』などもRyzenで動作確認されているため、本モデルはRyzen環境でより確実に使いたい方におすすめのメモリといえます。

Corsair社のRyzen環境推奨DDR4メモリリスト
https://www.links.co.jp/2017/03/post-309/

DDR4-3200

G.SKILL F4-3200C14D-16GFX (DDR4-3200 CL14 8GB×2)

http://www.ocworks.com/products/detail/12690
税込価格: 28,500円
Ryzen対応メモリの中では飛び抜けた高クロック動作が見込める、3200MHzメモリです。対応チップセットはX370のみ、かつ動作するマザーボードが限られているので、下記リンクから対応の有無を確かめてから購入するようにしましょう。

『F4-3200C14D-16GFX』対応マザーボード一覧
http://www.gskill.com/en/product/f4-2400c15d-16gfx

Ryzen環境対応メモリは数種類

2017年現在、Ryzenに対応している(動作確認されている)と発表されているメモリは、Corsair社のVengeance LPXシリーズ、またはG.SLILL社のRyzen用オーバークロックメモリの2種類です。

基本的には本記事で紹介したメモリが安定動作を見込めるものになっていますが、安く入手するならSanMax社の『SMD4-U16G48H-24R-D』などもおすすめ。

Ryzen対応メモリはまだまだ限られていますが、これから高クロック製品も続々リリースされていくことでしょう。Ryzen環境のさらなる進化が楽しみですね。